阪神2軍 西武に4安打零敗、9回2死満塁絶好機に伊藤隼凡退 ドラ4遠藤4の0

[ 2020年2月19日 15:09 ]

2軍練習試合   阪神0―1西武 ( 2020年2月19日    安芸 )

 阪神が4安打零封負け。9回2死満塁の絶好機にも伊藤隼が左飛に倒れ得点できなかった。「1番二塁」で先発し、6回から遊撃の守備に就きフル出場したドラフト4位の遠藤(東海大相模)は左投手の外に逃げるスライダーに苦しみ、2三振を含む4打数無安打。8回先頭で代打で出場したドラフト2位の井上(履正社)、9回2死走者も3球三振を喫するなど、初めてのプロとの対戦で洗礼を浴びた。ドラフト5位の藤田(中京学院大中京)は9回2死走者なしから代打で登場し、中前打を放ちプロの投手からの安打はチームの新人一番乗りとなった。

 西武は渡辺、東野、佐野、榎田、野田、田村の6投手のリレーで本塁を踏ませなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース