巨人・畠 3回6K零封で開幕ローテ前進「やるからには先発で」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

練習試合   巨人4―3ロッテ ( 2020年2月18日    沖縄セルラー )

ロッテとの練習試合で3回無失点の巨人・畠(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 4回から2番手で登板した巨人の4年目右腕・畠が、開幕ローテーション入りを前進させた。3回を2安打無失点。4者連続を含む6奪三振に「全然考えてなかったです。目の前の打者を抑えることに集中していた」と穏やかな笑みを浮かべた。

 圧巻は5回。中村、福田秀、井上からそれぞれ直球、チェンジアップ、カットボールで三振を奪った。回をまたいで安田も見逃し三振。「できるだけ(打者との)間をずらしたい」。宮崎でのブルペン投球中に原監督から打者目線の金言を授かり、足の上げ方を変えるなど実践してきた。

 昨季は未勝利に終わったが、1年目の17年には6勝をマーク。宮本投手チーフコーチは「階段を一段一段上がって、ローテーションに近くなりつつありますね」と評した。畠も「やるからには先発で投げたい」と決意を口にした。 (川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース