ヤクルト 小川&石川ともに2回零封 開幕投手候補仕上がり順調

[ 2020年2月19日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト1―0DeNA ( 2020年2月18日    浦添 )

2回を投げ無失点のヤクルト先発・石川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの開幕投手候補である石川と小川がそろって実戦初登板し、ともに2回無失点とアピールした。先発は石川。2回に無死から宮崎に中前打を打たれたが、続く戸柱をスライダーで一ゴロ併殺に仕留めた。「狙い通り。この時期でもゼロに抑えられたのが一番」。走者を背負いながらも得点を許さない持ち味を披露した。

 3回から2番手で登板した小川は3回2死からオースティンを歩かせたが、ソトを三ゴロに抑えた。「落ち球(フォーク)で空振りも取れたし、直球も差し込めていた」と手応えを示した。高津監督は「(2人が開幕の)候補であるのは間違いない。シーズンをフルに働いて、しっかりチームを引っ張ってくれる投手を指名したい」と見極めて決断を下す。 (黒野 有仁)

 ▼ヤクルトエスコバー(来日初の実戦で3回に投手強襲の初安打)ラッキーな安打は野球ではあることなので良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース