ヤクルト・高津監督“初白星”に「実感湧かない」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト1―0DeNA ( 2020年2月18日    浦添 )

試合前、高津監督(左)と談笑するラミレス監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの高津監督が指揮を執った実戦2試合目で“初白星”を飾った。特別ルールのため、リードした展開でも最終回の攻撃があったため「勝ってても実感湧かないね」と苦笑い。

 それでもレギュラークラスが出場した相手を6投手で完封リレー。「あれだけ投げてくれたら勝つ確率は高くなる。守ることもできた」。昨季は12球団ワーストの防御率4・78だっただけに、締まった試合を評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース