DeNA 山崎が緊急降板、左手首付近に打球 ラミレス監督「重症にはならないと思う」

[ 2020年2月19日 17:23 ]

練習試合   DeNA8―2ロッテ ( 2020年2月19日    宜野湾 )

<D・ロ>9回1死 福田光の打球を左手にうける山崎 (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 初の実戦マウンドに上がったDeNAの山崎康晃投手が負傷降板した。

 9回に登板。1死から福田光の打球を左手首付近に受けて交代となった。試合後はアイシングをして「今日はすみません」と足早に球場を後にした。

 絶対的守護神のアクシデントに、ラミレス監督は「マウンドを降りてベンチに帰ってきたに見たら赤くなっていた。でもそこまで重症にはならないと思う」と祈るように話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース