阪神・マルテ 今季初実戦で西勇から2点本塁打「順調 満足」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

紅白戦   紅組6―1白組 ( 2020年2月18日    宜野座 )

紅白戦の初回、1死一塁、マルテ(左)は左中間2ランホームランを放ち、ベンチのナインらとハイタッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神・マルテは地面に根がはっているかのようなドッシリとしたフォームで、豪快な一撃を生み出した。紅組の「4番・三塁」で今季初実戦に臨み、西勇から2点本塁打。快調なスタートを切った。

 「順調に来ていると思う。最初の実戦で最高の結果になったので、満足しているよ」

 ファーストスイングで仕留めた。初回1死一塁の第1打席。1ボールからの高めスライダーを強振すると、打球はあっという間に左翼フェンス上空を通過した。「試してみたけど、いい感覚だった」という新フォームがいきなり実った格好だ。

 昨年より構えた時の重心が明らかに低い。「日本には(変化球を)低めに丁寧に投げるピッチャーが多い。それに対応するためさ」という新フォームを試用中。下半身にドッシリ溜めたパワーをぶつける打法は12本塁打だった昨季以上の力強さが感じられる。「また変わるかもしれないけど、現状は悪くない」と手応え十分だ。

 外国人枠争いはし烈を極めるが、頼もしいアドバンテージがある。「知り尽くしているワケではないけど、2年目ということで、慣れというか、配球などを読む余裕があるから」。技術面、精神面、環境への対応…。本領発揮に不可欠な日本球界での「経験」が心強い武器の一つだ。

 「気持ち、意気込みをスゴく感じる。1年やった中でのマルちゃんの自信みたいなものも感じる。守備もサードフライを積極的に捕りにいっていて、いい動きができている」

 姿勢まで評価したのは矢野監督だ。開幕投手が西勇に正式決定したことで、先発候補のガンケルを出場選手登録するまでの開幕数試合は外国人打者3人体勢で戦う可能性が浮上した。注目度はボーアとサンズに譲っても、野心むき出しで戦う姿に「なんかやってくれそう」と感じているファンは少なくないだろう。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース