阪神・梅野 開幕マスクへ順調な仕上がり 矢野監督 打撃評価「こういう形が理想」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

紅白戦   紅組6―1白組 ( 2020年2月18日    宜野座 )

3回1死、梅野は左越えソロ本塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 いよいよギアチェンジだ。阪神・梅野が豪快な1発を放ち、開幕マスクへ順調な仕上がりを見せつけた。3回1死で迎えた第1打席。飯田の高めの144キロ直球を力強く振り抜き、左翼へ“今春1号”を叩き込んだ。

 「狙い球を絞ってしっかり捉えられた。コンパクトに強く、大振りにならないように。今は自分の間を作ることに重点を置いてタイミング合った時に打ちにいくようにしている。軸足の(体重を)乗せてボールに対していく感覚も良い方向にいっている」

 文句なしの放物線に確かな手応えがにじむ。取り組む課題が実戦で最高の結果になって表れ、「過程というか1つ、1つステップを踏んでいくのが準備段階として必要なので。しっかり打ちにいったボールを強く叩いているのは良いのかな」と大きくうなずいた。

 くしくも西勇の開幕投手を矢野監督が明言。昨季主戦捕手として信頼を深めてきただけに「3・20」へ闘志は高ぶる。

 「西さんが明言されたことで、いい緊張感があると思うし、今年は負けない投手にしようと。スタートダッシュするためにいろんなことを話して」

 5回もきっちり中前打し、矢野監督からも「1年間安定して成績出すって簡単ではない。今日も甘い球をしっかり仕留めるとか、しっかりセンターに打ち返すとか、こういう形でいってくれるのが理想」とさらなる進化を期待された。「スタートダッシュが大事なので、この期間準備して。勢いのあるチーム力で勝って優勝に近づいていけたら」。見据えるのは頂点だけだ。
(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース