阪神・糸原 5戦で打率・625「いい感覚です」

[ 2020年2月19日 05:30 ]

紅白戦   紅組6―1白組 ( 2020年2月18日    宜野座 )

2回2死一、三塁、糸原は左線2点適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神・糸原がまた打った。「自分らしいヒットが出ている。いい感覚です」。今春初の紅白戦でも3安打を重ね、練習試合を合わせた5試合で16打数10安打。驚異の打率・625まで上がった。

 2回2死一、三塁では2ボールから飯田の直球を捉えた左越え二塁打でスタートを切っていた一塁走者・木浪まで生還させ、今春初打点を叩き出した。昨季は右投手に打率・295、左投手に同・215。絶好調の打撃で左腕への苦手意識もぬぐい去った。

 初回は開幕投手に決まった西勇の厳しい内角球を巧みに左翼線へ運び、4回は守屋のスライダーを中前へ打ち返した。これだけ打っても「シーズンでは調子が悪くなることもあるので…」と一切の緩みを見せない姿勢が、また頼もしい。

 「オフにきついトレーニングをしてきたので。この貯金がシーズンでも辛くなった時に生かされると思う」

 金本前監督の現役時代の自主トレ拠点だったことでも知られる広島市内のトレーニングクラブ「アスリート」で例年以上に厳しい下半身強化に努めた効果を実感し、3年連続の全試合出場へ準備は整う。約1カ月後の開幕を見据え、「継続してやっていきたい」と力を込めた。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース