日本高野連 3・19開幕センバツ向け新型コロナウイルス対策検討へ

[ 2020年2月19日 17:57 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 日本高野連は19日、大阪市内で理事会を開き、国内での感染が拡大している新型コロナウイルスへの具体的な対策を検討していく方針を示した。

 東京マラソンの一般参加が中止となるなど、感染拡大が各種スポーツイベントにも影響を及ぼしている現状だが、小倉好正事務局長(61)は「今の時点では3月19日の(選抜高校野球)開幕に向けて準備している」と話した。

 大会開幕まで1カ月の期間があることから現段階では、関係各所との綿密な情報共有を進めており、具体策については来月4日の選抜運営委員会で話し合う見込み。同事務局長は「その時の状況、他競技の運営などを慎重に判断して、最善の策を取って行きたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース