レイズ・筒香 “3守の新器”でメジャー初キャンプに臨む「不安もない 自然体で入れる」

[ 2020年2月19日 02:30 ]

フォトデーでポーズを決める筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 レイズ・筒香は3種の神器ならぬ、3守の新器を手にメジャー初のキャンプに臨む。三塁、左翼、そして一塁。3種類のグラブを新調し、1月のほっともっと神戸での自主トレから天然芝でノックを受け、改良してきた。

 「オフもずっとやってきたので。そんなに不安もないし、自然体で入れるかと思う」

 16日(日本時間17日)のキャンプ地での守備練習では、小さめで明るい茶色の三塁用グラブ、大きめでこげ茶の外野用グラブで、それぞれ10分ずつノックを受けた。18日(同19日)のキャンプインに合わせ、契約するアイピーセレクトの鈴木一平トータルプロデューサーが渡米。同社のコンセプトは「身体との一致」で、最初の2日間は同行し、メジャーの打球に対処できるようにさらに調整する。

 布陣から出番が増えそうなのは三塁だ。本拠は人工芝だが、敵地は天然芝が多い。ゴロの打球速度は変わり、緩いゴロは前進してさばく必要がある。また極端なシフトを多用するメジャーでは、引っ張る左打者相手に、三塁手が一、二塁間や、二塁ベース付近を守るケースも想定される。

 17日(同18日)は球団施設で写真撮影などをこなした。「高ぶるのはまだこれから先。コンディションに気をつけながらやりたい」。3種類の新たな相棒を磨き上げ、新天地で挑戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月19日のニュース