ヤクルト・嶋 古巣相手に初の実戦 恩師に「少しでもいいところを」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト1―3楽天 ( 2020年2月16日    金武 )

<楽天・ヤクルト>ベンチで声を出す嶋(右)=撮影・村上 大輔
Photo By スポニチ

 ヤクルトの嶋が「9番・捕手」で出場。移籍後初の実戦が13年在籍した古巣相手で「いつもベンチから見ていた打線を捕手で見るのは変な感じ」と話した。

 楽天入団時の監督だった野村氏の「追悼試合」とあって急きょ出場。古巣のキャンプ地でスタンドから拍手で迎えられた3回の第1打席で投ゴロに倒れて交代したが、2回を無失点リードし「(野村氏に)少しでもいいところを見せたかった」と恩師に思いをはせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース