巨人2年目左腕・高橋 先発も2本塁打浴び3回2失点

[ 2020年2月16日 14:10 ]

オープン戦   巨人―DeNA ( 2020年2月16日    那覇 )

<オープン戦巨・D>3回無死、オースティン(左)に左越えソロを浴びた高橋(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人の2年目の左腕・高橋優貴投手(23)が16日、オープン戦開幕戦となったDeNA戦に先発登板。3回を投げ5安打2失点の内容だった。

 初回、先頭の神里を外角直球で見逃し三振に仕留めたが、続くオースティンへの初球の外角直球を中越え本塁打され先制点を許した。2回は1死二、三塁のピンチを背負ったが、大和をチェンジアップ、神里を直球で空振り三振に仕留めた。しかし、3回にまたもオースティンに左越え本塁打を浴びた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース