巨人・パーラ 練習試合で「デビュー」も連続三振 元木ヘッド「まだまだ」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   巨人5―2韓国・サムスン ( 2020年2月15日    沖縄セルラー )

6回無死、パーラは見逃し三振に倒れる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人・パーラ(ナショナルズ)が15日、韓国・サムスンとの練習試合で「デビュー」した。自ら志願した来日初実戦は、4回1死一塁から代打で出場。「サメポーズ」で出迎えるファンもいたが、空振り三振に倒れた。

 6回の第2打席も見逃し三振で2打数無安打。元木ヘッドコーチは「米国ではキャンプが始まったばかりの時期。まだまだ」と先を見据えた。16日のオープン戦初戦となるDeNA戦(那覇)は、「5番・右翼」での先発出場を予定している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース