中日・根尾 大阪桐蔭同期対決でロッテ・藤原に“1本勝ち”「どちらが早く打つかなという思いが…」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   中日3―2ロッテ ( 2020年2月15日    北谷 )

<中・ロ>藤原とともに1番中堅で出場した根尾(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日の根尾がロッテとの練習試合(北谷)に「1番・中堅」で先発出場。大阪桐蔭で春夏連覇した同期の藤原も同じ打順、同じポジションで出場し、集まった約5500人のファンを沸かせた。ともに4打席立ったが、内野安打を1本放った根尾に軍配。「どちらが早く打つかなという思いが、僕の中にはありました。たまたま先にラッキーヒットが出た」とはにかんだ。

 5回1死走者なしで迎えた第3打席で二塁へのゴロ。ボテボテだったことが幸いし「H」ランプを灯した。守っても5回無死一、三塁で中飛を捕球。矢のような送球でバックホームし、三塁走者を釘付けとした。慣れない外野守備に「風が強いです」と苦労しながらも強肩ぶりを見せた。

 藤原との競演は昨年7月のフレッシュ球宴以来。所属チームでの対戦は初めてで「結果うんぬんでなく、改めて良い打者だなと。負けたくないと思いました」と旧友との再会に刺激を受けた。(徳原 麗奈)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース