ヤクルト・奥川「うれしい」星稜・山下総監督の前で投げた

[ 2020年2月16日 05:30 ]

キャッチボールするヤクルトの奥川
Photo By スポニチ

右肘の軽い炎症で出遅れ、2軍キャンプに参加しているヤクルトのドラフト1位・奥川(星稜)が、部分的な別メニューから全体メニューをこなした。

 地元・石川のテレビ局の取材で星稜・山下智茂総監督が訪問。前日の休養日は食事もともにし「“大丈夫か”と言われました。来ていただいてうれしい」と笑った。約30メートルのキャッチボールでは数球、力を込めて投球。「ほとんど全力に近いくらいで投げた」と話し、キャンプ終盤のブルペン入りを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース