阪神ドラ2・井上 衝撃デビュー!プロ初打席に代打初球弾!「いい弾道だったと思います」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   阪神1―7広島 ( 2020年2月15日    宜野座 )

<阪神2軍・四国銀行>4回、1死二塁、左越えに2点本塁打を放つ井上(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 こんな強打者、待ってたでー! 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18=履正社)が15日、四国銀行との練習試合でプロ初出場。4回1死二塁から代打で登場すると、その初球を左翼席へと叩き込んだ。チームにとって待望久しい右の長距離砲。未来の4番候補が、これ以上ない鮮烈デビューで、スポニチ本紙MVPに選定した。

 大歓声とともに、井上が放った打球はあっという間に左翼スタンドに着弾した。未来の4番候補の記念すべきデビュー戦。18度と陽気に包まれた安芸に詰めかけた1600人の観衆が生き証人となり、推定飛距離120メートルの“プロ1号”は一瞬で生まれた。

 「正直、プロでの初打席ということで緊張していたんですけど、思い切っていくことができました。いい軌道というか、弾道だったと思います」

 相手左腕・平山の初球だった。真ん中の直球を見事にとらえ、放物線を描くまでもなく弾丸ライナーでスタンドイン。自らの打棒で夏の甲子園を制した実力を見せつけた。

 これだけでは終わらない。6回1死一、二塁の第2打席でも右腕・菊池の2球目、外角低めスライダーをきれいにはじき返し、中前適時打。「2打席目は緊張せず踏み込めて打てました。まだまだですが、1打席目より良かったと思います」。18歳らしくはにかんだが、堂々の2安打3打点を刻んだ。

 バレンタインデーの前日14日には、1学年上の小幡の部屋を訪れた。その小幡から打席に入る直前に『フルスイングしたら緊張も解ける』と言われ、楽になった。第3クール初日からは、高校の先輩であるロッテ・安田モデルをベースにするバットの素材をメープルから比較的しなりのあるバーチに変えていた。「たぶんこのままでいくと思います」。完璧な結果で新相棒にも好感触。平田2軍監督も「驚いたね。一発で仕留めるというのは集中力があってのこと。大したもんだよ」とうなった。

 昨年11月、不慮の事故で右足首捻挫のケガを負いファンを心配させたが「打席に入る前も拍手がすごくて、待ってもらってたんだな、歓迎されたんだなと。『ナイスホームラン』とか『感動した』とか言われて、たった1本なんですけど、これを積み重ねていけば皆さんをもっととりこにできるのかなと思いました」と虎党を泣かせるコメントで締めくくった。2020年2月15日。猛虎の大砲としてスターダムを駆け上がっていくであろう井上広大の、伝説の始まりと呼ぶにふさわしい1日となった。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース