阪神・ガンケル、対外試合デビュー 2回1安打無失点

[ 2020年2月16日 12:20 ]

<練習試合 神・楽>好投した阪神先発・ガンケル(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の新外国人、ガンケルが16日、楽天との練習試合(宜野座)で対外試合デビューを飾り2回1安打無失点だった。

 初回、先頭の辰己に対しフルカウントとなったが内寄りスライダーで一ゴロ。渡辺直には左前打されたが島内をスライダーで空振り三振に仕留めると4番浅村は146キロ速球で遊ゴロに打ち取った。

 2回はロッテからFA移籍した鈴木を遊ゴロ。ウィーラーも遊ゴロ。小郷をこの日最速となる149キロで左飛に仕留めた。

 11日のシート打撃では高めに浮くシーンが目立ち結果を残せなかったが、この日は持ち味である制球力を存分に発揮。内野ゴロで4個のアウトを奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース