筒香 キャンプ地入り 約20分の打撃練習「体調もいい わくわく」

[ 2020年2月16日 05:33 ]

<レイズキャンプ>集まったファンにサインをする筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 レイズの筒香嘉智内野手(28)が15日(日本時間16日)、米フロリダ州ポートシャーロットのレイズのキャンプ地に入った。午前9時過ぎに、施設の中に入ると、クラブハウスで着替えて、さっそく外へ、雲ひとつない青空の下、軽くキャッチボール。そのあと室内練習場に入り、チームメイトと一緒にケージで約20分の打撃練習を行った。

 「体調もいいですし、この素晴らしい施設でできるのですごくわくわくしています。(レイズの選手は)挨拶させてもらいましたけど、すごくいい人ばかりでやりやすいです」などと話した。練習が終わると、フェンスの外で待ち構えるレイズファンに気づき、自ら歩み寄って、約50人のファンに英語でサイン。中には日本語で「こんにちは、ヨシ」と声をかけるファンもいて、筒香は大粒の汗を書きながら笑顔で応じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース