江夏氏、野村さんをしのぶ「俺にとっては大が付く恩人。野球人生を大きく変えた」

[ 2020年2月16日 22:35 ]

<阪神宜野座キャンプ>ブルペンで山本昌臨時コーチ(左)と話し込む江夏氏(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 阪神や広島などで通算206勝、193セーブを挙げた江夏豊氏(71)が16日、阪神のキャンプ地の沖縄県宜野座村で取材に応じ、南海(現ソフトバンク)時代に自身を抑え投手として再生させ、11日に84歳で亡くなった野村克也さんをしのび「俺にとっては大が付く恩人。自分の野球人生を大きく変えたのはあの人。残念の一言」と無念さをにじませた。

 江夏氏はプロ入りした阪神では先発完投にこだわってきたが、1976年に移籍した南海で選手兼任監督だった野村さんに口説かれ、救援に転向した。広島時代の79年は抑えとしてリーグ最優秀選手(MVP)に輝き、球団初の日本一に貢献。野村さんによる再生が日本シリーズでの「江夏の21球」を生む礎となり、日本ハムで優勝した81年にもMVPに選ばれた。

 故人との思い出を問われると「一言で言うのは難しい」と語り、バッテリーを組んだ際に配球などで「とことん食らい付いた。激しく言い合ったこともあった」と静かに振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース