巨人・小林 今季チームの対外試合1号!原監督「打つべくして打った」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   巨人5―2韓国・サムスン ( 2020年2月15日    沖縄セルラー )

<巨人・サムスン>4回無死 左越えを放つ小林(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人の小林が今季のチーム対外試合初アーチを放った。先頭の4回、カウント2―2から真ん中低めに来た球を左越えソロし「練習でやっている形を試合で出せて良かった。満足することなく、頑張りたい」と先を見据えた。昨季2本塁打ながら、打撃練習時から状態の良さを見ていた原監督は「たまたま打っちゃった、当たっちゃったじゃなくて、打つべくして打った」と称えた。

 ▼巨人・モタ(育成選手で1軍に同行し、3回に中前打、5回に右越え適時二塁打と猛アピール)フェアゾーンを広く使うという意識で、広角な打撃を心掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース