日本ハム・輝星 復調へ“先輩”負けじと1回1K零封の快投「自信になる」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

日本ハム紅白戦   白組4―1紅組 ( 2020年2月15日    かいぎんスタジアム国頭 )

<日本ハム紅白戦>赤組の先発投手・吉田輝は打者3人を三振、右飛、中飛に打ち取った(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの18年ドラフト1位・吉田輝も負けじと快投だ。

 西川、大田、近藤の主軸を最速148キロの直球中心に1奪三振で3者凡退。「甲子園やプロ初登板のように楽しく感じた。腕もしっかり振れて自信になる」。先にドラフト1位の河野が2三振を奪っており「できれば(三振)3つと思った」ものの、昨秋の右肘違和感から復調を期すだけに「まずはどれだけいい直球を見せられるか。収穫が多かった」と続けた。昨年の1、2軍合同紅白戦でプロ初被弾した大田には大きな右飛を打たれ「“またかー”と思った」というが、力のある直球に成長の跡をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース