ブルージェイズ・山口 初ブルペンで“7割”53球 捕手も好感触

[ 2020年2月16日 05:30 ]

<ブルージェイズキャンプ2日目>ブルペンで投球練習する山口(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ブルージェイズの山口はキャンプ2日目に初のブルペン投球を行い、メジャー対策に取り入れたカットボールやツーシームなどを7割程度の力で53球を投げ「(捕手から)“いい動きをしている”と言ってもらえた。自分の感覚を上げていければ」と話した。

 さらにアッパースイングの多いメジャーの打者相手に有効となる高めのフォーシームも投げた。山口はもう一度ブルペンに入ったあと、ライブBPに登板する。(ダンイーデン・奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース