巨人・中島 左中間に豪快“アピール”ソロ弾!「いい音したでしょ」

[ 2020年2月16日 14:53 ]

オープン戦   巨人―DeNA ( 2020年2月16日    那覇 )

<オープン戦 巨人・DeNA>ベンチから厳しい表情で試合を見守る(右から)元木ヘッド、原監督、宮本コーチ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の中島が16日、オープン戦開幕戦となったDeNA戦に7番・一塁で先発出場。5回の第2打席で左中間にソロ本塁打を放った。

 5回無死、DeNAの3番手左腕・浜矢の内角低めの直球を豪快に振り抜き、ライナーで左中間芝生席に運んだ。

 大城、陽岱鋼、北村らと正一塁手争いを繰り広げる18年目のベテランがオープン戦初戦で強烈にアピールしてみせた。

 ▼巨人・中島 打ったのはまっすぐ。いい音したでしょ。いい感触だったね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース