巨人・田口も負けじ!3回被安打0 原監督「先発候補でもあり、セットアッパーという形で考えてもいる」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   巨人5―2韓国・サムスン ( 2020年2月15日    沖縄セルラー )

<練習試合 巨人・サムスン>力投する田口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・桜井の後を受けた田口も負けじと好投でアピールした。4回からの3イニングを無安打無失点。「フォークでファウルを取れたり、フルカウントから空振りも取れたことは良かった」。3四死球にも自ら触れ「ゾーンで勝負できていない。しっかり修正したい」と反省した。

 今季は先発再転向を志願している左腕に、原監督は「チームのバランスの中で先発候補でもあり、セットアッパーという形で考えてもいる」と現状を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース