NPB斉藤コミッショナー 野村克也さんを悼み献花「惜しい人を亡くした」

[ 2020年2月16日 12:39 ]

斉藤惇コミッショナー
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(80)は16日、浦添市のヤクルトキャンプを訪問し、11日に死去した野村克也さんを悼む献花台に花を供えた。

 「プレーヤーとして超一流だが、それ以上に球界そのものにチャレンジし、それを成功された。惜しい人を亡くしたと思います」

 野村さんは虚血性心不全のため84歳で死去。ヤクルトキャンプ地のANA BALLPARK浦添にある献花台には、この日もファンが列をつくった。

 「テレビでの特番やコメントを聞いていても、とても勉強になりました。野球の世界を動かすことはなかなか難しい。それを改革し、どのチームでも実績を残された稀有な方。たくさんスターがおられるが、光輝く存在」と野村さんが残した実績に敬意を表し、別れを悼んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース