レッズ秋山 米国式に対応 打撃練習で柵越えも「少し足を上げ、間を取れるような打ち方に」

[ 2020年2月16日 05:30 ]

レッズの練習着で自主トレを行った秋山(撮影・笹田 幸嗣通信員)
Photo By スポニチ

 レッズの秋山が2日連続で合同自主トレに参加。

 前日は短い距離からテンポ良く投げ込む米国式の打撃練習で初球を空振りしたが、この日はしっかりと対応。柵越えを放つなど力強い打球が増え「あまり足を上げないで打ちたいと思ってやってみたら、タイミングが取れなかった。今日は少し足を上げ、間を取れるような打ち方にした」と語った。バットは日本時代のメープル材質でスタートするが「ボールにさされるのであればいろいろ考えなきゃいけない」と柔軟に対応する。(グッドイヤー・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース