ロッテ・藤原 中日・根尾と大阪桐蔭同期「1番・中堅」競演 4の0も刺激

[ 2020年2月16日 05:30 ]

練習試合   ロッテ2―3中日 ( 2020年2月15日    北谷 )

<中・ロ>5回1死一、三塁、併殺に倒れて肩を落とす藤原(左)の後方からベンチに戻る根尾(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ロッテ・藤原が中日・根尾と、ともに「1番・中堅」で先発出場。18年に大阪桐蔭で春夏連覇を遂げた同期で、昨年のフレッシュオールスターでは対戦があったが、所属チームでの対戦は初めて。試合前に会話を交わした藤原は「正月も会えなかったので久しぶりでした。やっぱり元気をもらえる」と刺激を受けた様子だったが、4打数無安打に終わった。

 一方の根尾は5回1死から二塁内野安打を放ち4打数1安打。「どちらが先に打つかという思いが僕の中ではありました。改めて負けたくないと思った」とライバル意識を口にした。藤原は「どっちもあまり結果は良くなかったですけど、まだまだこれから。(互いに)活躍できるようにやっていきたい」と1軍の舞台での再会を誓った。 (岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース