巨人パーラ、来日初安打 二塁で「サメポーズ」

[ 2020年2月16日 14:00 ]

オープン戦   巨人―DeNA ( 2020年2月16日    沖縄セルラー )

<オープン戦 巨人・DeNA>2回無死一塁、パーラは二塁打を放ち「サメポーズ」(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の新外国人、ヘラルド・パーラ外野手(32=ナショナルズ)が16日、オープン戦初戦の初打席で「来日初安打」を放った。

 2回無死一塁から、昨年ナショナルズで使用した「ベビー・シャーク」のBGMに乗って登場。スタンドのファンから両腕を大きく上下させる「シャークダンス」で送り出されると、桜井が投じた初球の外角球に逆らわずに逆方向の左翼線に流した。

 二塁に到達するとベンチに向かって両手の平で小さく「サメポーズ」を披露。ノーステップからボールにミートする打撃で、メジャー通算1312安打の実力の片りんを見せた。

 第2打席は見逃し三振に倒れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月16日のニュース