日本ハム小笠原ヘッド、横尾に片手ティー伝授 期待の長距離砲を熱血指導

[ 2019年11月1日 05:30 ]

栗山監督(右)と小笠原ヘッド兼打撃コーチ
Photo By スポニチ

 日本ハムは新任の小笠原ヘッド兼打撃コーチが伸び悩む横尾に「片手ティー」を伝授した。沖縄・国頭キャンプ第1クール2日目も打撃を中心に指導。長距離砲として期待されながら今季は打率・188、3本塁打だった横尾に対し、現役時代のルーティンだった片手でのティー打撃を披露するなど熱心に指導した。

 妥協を許さない同コーチの加入でチームの雰囲気も引き締まり、栗山監督は「いかに緊張して瞬間、瞬間を積み上げるか。それをやった人間が頂点に立てる」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース