侍J 唯一の「うちなーんちゅ」嘉弥真、首里城焼失落胆も2K「こんなに歓声をもらえるとは」

[ 2019年11月1日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合   日本5ー6カナダ ( 2019年10月31日    那覇 )

8回から登板する嘉弥真(撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 侍ジャパンで唯一、地元・沖縄出身の嘉弥真が凱旋登板を果たした。8回の1イニングを3者凡退で2奪三振。スタンドから大声援を浴び「こんなに歓声をもらえるとは思わなかった。うれしかった」。

 首里城が焼失したニュースに試合前は落胆を隠せず「沖縄のシンボルなので…。僕ももちろん行ったことがある。ショックしかない」と沈痛な表情だったが、地元に勇気を与える快投だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース