丸、侍ジャパンに追加招集「しっかりと全うしたい。びっくりした」

[ 2019年11月1日 13:34 ]

侍ジャパンに追加招集された巨人・丸
Photo By スポニチ

 2日開幕の国際大会「プレミア12」に臨む侍ジャパンに巨人・丸佳浩外野手(30)が追加招集されることが1日、分かった。前日31日の強化試合・カナダ戦で死球を受けて負傷交代した西武・秋山翔吾外野手(31)に代わり登録される。

 この日はジャイアンツ球場で秋季練習に参加した丸は「選んでいただいて、しっかりと全うしたいという思いだけです。びっくりした気持ちの方が強いです」と話した。

 丸の侍ジャパン入りは、16年3月5、6日の強化試合・台湾戦以来、3年ぶり。このシリーズは5日の第1戦(ナゴヤドーム)に秋山が「1番・中堅」で出場。6日の第2戦(京セラドーム)には丸が「1番・中堅」で出場していた。17年夏の稲葉監督就任後は、初めての選出となる。

 前日の試合で秋山が負傷交代した5回からは、中堅は不慣れな近藤健介が守った。他に中堅を本職とするのは周東佑京しかおらず、代走の切り札であるためベンチに置いておかざるを得ない状況となった。「1番・中堅」を任されチームリーダーでもある秋山の離脱は手痛いが、17、18年と2年連続セ・リーグMVPに輝き、今季で7年連続ゴールデングラブ賞受賞となった丸がチームを支える。

 侍ジャパンは1日に本番前最後の実戦テストである強化試合・カナダ戦(沖縄セルラー)を戦う。2日に1次ラウンドの舞台である台湾へ移動。5日にベネズエラ、6日にプエルトリコ、7日に台湾と対戦する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース