侍J、完封リレーでプレミア12へ弾み 今永6Kカナダ料理 近藤攻守に貢献 源田、菊池も美技連発

[ 2019年11月1日 22:02 ]

侍ジャパン強化試合   日本3―0カナダ ( 2019年11月1日    那覇 )

<日本・カナダ>3回2死、D・ポンペイを投ゴロに仕留め大きく息をつく今永(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 稲葉監督率いる侍ジャパンは1日、沖縄セルラースタジアム那覇でカナダとの強化試合第2戦に臨み、3―0で勝利した。侍ジャパンは2日に国際大会「プレミア12」の1次ラウンドが行われる台湾へ移動。5日のB組初戦でベネズエラと対戦する。

 日本は4回、近藤(日本ハム)、鈴木(広島)の連続四球で無死一、二塁とし、吉田正(オリックス)、浅村(楽天)の連続内野ゴロで1点を先制。5回には四球で歩いた松田宣(ソフトバンク)を甲斐(ソフトバンク)がバントで送って1死二塁としてから山田哲(ヤクルト)の中前適時打で2点目、8回には1死一、二塁から近藤の左前適時打で3点目を入れた。

 投げては先発左腕・今永(DeNA)が3回1安打無失点、5者連続を含む6奪三振と好投。2番手左腕・大野雄(中日)も3回2安打無失点で続き、その後は中川(巨人)、山本(オリックス)、山崎(DeNA)と1回ずつ完封リレーでつないで勝利を収めた。守備でも先発した近藤や途中出場の源田、菊池涼(広島)が美技を連発するなど日本の良さを見せつけての完勝だった。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース