侍J“足の切り札”周東が9回楽々二盗「プレッシャーというより、楽しもうと思った」

[ 2019年11月1日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合   日本5ー6カナダ ( 2019年10月31日    那覇 )

9回、2死一塁、二盗を成功させる代走・周東 (撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 国際大会「プレミア12」に出場する侍ジャパンは31日、沖縄セルラースタジアム那覇でカナダとの強化試合第1戦に臨み、5―6で敗れた。

 足のスペシャリストの登場にスタンドが沸いた。1点差に迫った9回2死一塁で、周東が代走で出場。次打者・松田宣の初球に軽々と二盗を決めた。「井端コーチに“いつでも行っていいぞ”と言われた。普通にスタートを切ればセーフになると思った」。同点のホームは踏めなかったが、好機を拡大。「代表での出場は初めて。プレッシャーというより、楽しもうと思った」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース