阪神・梅野、西とのバッテリーGG賞に笑顔「捕手としてすごくうれしい」

[ 2019年11月1日 05:30 ]

2年連続のゴールデングラブ賞に笑顔の梅野(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ三井ゴールデングラブ(GG)賞が31日に発表された。セ・リーグ投手部門では阪神の投手では史上初となる西勇輝投手(28)が自身にとっても初受賞。2年連続2度目となった梅野隆太郎捕手(28)とともにバッテリーでの選出となった。

 二重の喜びだ。オリックスから移籍1年目となった西が阪神投手として史上初受賞。梅野は阪神捕手では73、74年の田淵幸一氏以来、2人目の2年連続受賞を果たした。

 「守備力の高い投手が数多くいるセ・リーグで目標としてきたこの賞を受賞でき非常に光栄。ピッチングも重要ですが、それ以外でもチームに貢献するという部分で大切にしてきた“守備”が評価されて本当にうれしく思います。みなさんの支えがあって受賞できた賞ですが、特に1年間バッテリーを組んできた梅野と同時に受賞できたことがうれしいです」

 秋季キャンプ不参加の西は、球団を通して喜びのコメントを寄せた。パ・リーグからの移籍となり、開幕当初は梅野と配球がかみ合わないこともあったが、練習や試合中でも絶えずコミュニケーションを取り合い、強固なバッテリー関係を築いた。勝ち星こそ10勝(8敗)ながら1年間ローテーションの柱となり、投球回の172回1/3は自己最多。持ち前の身体能力の高さと野球センスの良さで再三の好フィールディングを見せ、プロ11年目での初GG賞となった。

 秋季キャンプ地・高知県安芸市で会見した梅野も西との同時受賞を喜んだ。「獲ろうと思って獲れる賞ではないと思うし、シーズンを通して西さんとバッテリーを組んで、GG賞という同じ舞台に立てるというのは捕手としてすごくうれしい」。1学年上の右腕にはすぐに連絡し「“おめでとう”と言い合って、表彰式には一緒に行くことは決めています」とニッコリ笑った。

 「梅ちゃんバズーカ」と称される強肩で盗塁阻止率・370はリーグ2位。さらに、ブロッキング技術と俊敏な動きで、バント処理や振り逃げ阻止などでも力を発揮し、123補殺の捕手のプロ野球記録を樹立した。「やっぱり日本新記録の補殺が1番誇れるのかなと思う」。チーム史上2人目の2年連続受賞には「すごく光栄ですけど、追いつくだけじゃいけない。来年も3年連続を目指して“追い越せ”という気持ちを常に持って臨みたい」と力強く宣言した。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース