ヤクルト高津新監督、背番は現役時代の「22」 衣笠球団社長「本人たっての希望」

[ 2019年11月1日 05:30 ]

ヤクルト・高津監督
Photo By スポニチ

 ヤクルトの高津新監督が現役時代の背番号22を背負うことになった。

 球団が今季の99番からの変更を発表。新人だった91年から米国に移籍する前年の03年までと米国からの復帰2年目の07年に付けたファンにもなじみのある番号で、衣笠剛球団社長は「心機一転。(高津監督)本人のたっての希望で。できるだけ希望はかなえてあげたい」と経緯を説明。これに伴い22番の蔵本は99番に。スアレスは70番から43番に変更された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース