広島 長野、FA行使せず 来季も広島で?に「もちろん、それは」

[ 2019年11月1日 12:28 ]

マツダスタジアムを訪れ、FA権を行使しないことを明言した長野(撮影・友成 貴博)
Photo By スポニチ

 広島・長野久義外野手(34)が1日、保有する海外フリーエージェント(FA)権を行使しないことを明言した。

 FA申請締め切り日の午前10時40分ごろにマツダスタジアムを訪れて鈴木清明球団本部長と話し合いを持ち、「紙(申請書)は出しません。細かい話はこれから。条件は聞いたし、僕からも話をさせてもらった」と説明した。「まとまらなかったら、自由契約でしょ」と笑って「残留」の言葉はあえて使わなかった一方、「来季も広島で?」の問いかけには「もちろん、それは」とうなずいた。

 巨人へFA移籍した丸の人的補償として加入し、開幕から調子が上がらず7月に降格として再調整。8月下旬に復帰後は復調して4番も任された。72試合で打率・250、5本塁打、20打点。新天地での1年目を「チームが勝てなかったことが悔しいし、個人的にもふがいないシーズンだった」と振り返った。

 鈴木球団本部長は「残留ということ。引き続き、やってくれるという意思を持ってくれて楽しみができた。レギュラーを獲れる選手だし、獲ってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月1日のニュース