巨人・菅野、再び抹消の可能性 腰痛から復帰も4回4失点 自ら降板申し出

[ 2019年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―5阪神 ( 2019年9月15日    東京D )

4回2死一、三塁、木浪に勝ち越し適時打を浴びた菅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 腰痛から復帰した巨人・菅野は4回6安打4失点で降板。初回こそ3者凡退に抑えたが、2点リードの4回に3安打で3点を失った。菅野は「不本意ではあります。チームにこれ以上迷惑をかけられないので、しっかりとした形でまたマウンドに上がれるように最善を尽くしたい」と責任感を口にした。

 78球での降板に原監督は「本人からということ」と、菅野自身の申し出だったことを説明。5日の出場選手登録抹消から最短10日で復帰したが、宮本投手総合コーチは「力が入っていなかった。腰というところで10日間じゃ足りなかったのかな」と分析した。この日の最速は148キロだった。再び出場選手登録を抹消するかは、16日の状態を見て判断する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース