清宮が熱パ“演出” 15打席ぶり安打がV打「何とか期待に応えようと」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム7―5ソフトバンク ( 2019年9月15日    札幌D )

8回1死満塁、勝ち越しの2点適時打を放った清宮は塁上でガッツポーズ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮の決勝打が熱パを演出だ。1点を追う8回に中田の左前打で同点とし、その後1死満塁で巡ってきた好機。甲斐野の4球目のフォークを右前へ運んだ。

 15打席ぶりの安打が決勝2点適時打。打率.194と苦しむが「何とか還そうという気持ちだった。なかなか結果が出ない中で出させていただいている。何とか期待に応えようと思っている」と話した。自力CS進出の可能性は消滅しているが、3位・ロッテと3.5ゲーム差に縮めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース