明大・伊勢、6回零封で4勝目 今秋ドラフトへ猛アピール

[ 2019年9月16日 05:30 ]

東京六大学野球   明大8―0東大 ( 2019年9月15日    神宮第2 )

明大先発の伊勢(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 明大は4年生右腕・伊勢が最速151キロをマークし、6回を2安打無失点。リーグ戦4勝目を挙げ、今秋ドラフトへ猛アピールした。「東大は上位打線が振れているし、勢いを感じた。内容よりゼロで抑えられてよかった」。

 伊勢から4投手で完封し、善波達也監督も「彼らしく直球の質が良くなってる」と評価。伊勢はプロ志望届を提出したことを明かし、大学最後の秋にフル回転を誓った。また、エース・森下もプロ志望届を提出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース