DeNAロペス、代役4番V弾 スライダー狙い撃ち「完璧」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―2中日 ( 2019年9月15日    ナゴヤD )

5回2死一塁、ロペスは勝ち越しとなる左越え2ランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 見事な狙い撃ちだった。2―2の5回2死一塁。DeNA・ロペスは三ツ間のスライダーを左翼席まで運んだ。決勝の29号2ランに「スライダーを多く投げてくると分かっていたので狙っていて、完璧に捉えることができた」と胸を張った。

 首の張りで欠場した筒香に代わり、23試合ぶりに4番に座り、ここぞの一振りで決めた。1―2の4回無死からは宮崎が7月16日以来の14号ソロ。左手有鉤(ゆうこう)骨骨折から復帰3戦目で初アーチに「“入ってくれー”と思いながら走っていた」と笑った。5回にも中前打で復帰後3戦連続マルチ安打。主将不在の危機をはね返し、2位を守った。

 5年連続で中日戦の勝ち越しも決定し、3位・広島とのゲーム差を1・5に離した。残り8試合。負けられない戦いは続く。 (町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース