京都国際が16強入り 早&釣の“HT砲”がチームをけん引

[ 2019年9月16日 16:00 ]

秋季京都府高校野球大会二次戦 1回戦   京都国際9―0京都学園(7回コールド) ( 2019年9月16日    峰山 )

<京都国際・京都学園>4回、2ランを放つ京都国際・釣寿生
Photo By スポニチ

 春季大会覇者で夏の京都大会準優勝の京都国際が二次戦の初戦を順当に突破し、16強入りを果たした。3回に2点を先制すると、4回には一挙7点を奪い試合を決定づけた。昨年も主力として出場していた「4番・右翼」の早真之介(2年)が4回2死満塁から右翼手の左を破る3点三塁打を放つなど4打数2安打3打点。「5番・捕手」の釣寿生(じゅい=2年)は4回無死一塁で中越え2ランをたたき込み3打数1安打2打点と、ともに来秋ドラフト候補に挙がる、高校通算合わせて40本塁打の“HT砲”がチームをけん引した。

 4回のビッグイニングの号砲を鳴らしたのは釣だった。先頭の早が二塁内野安打で出塁し、追い込まれながらも高めにきた甘いボールを強振。「打った瞬間にいったと思いました」ときれいなアーチを描いた。今夏京都大会決勝の立命館宇治戦では4打数無安打。「自分が打てなかったから負けた」と8月は打撃を中心に1日2時間の居残り練習に取り組んだ。「先輩たちに支えてもらっていたので、自分もベンチの雰囲気から良くしていきたい」とチームを引っ張っていく気持ちは強い。その後2点を加え、この回2打席目となった早がとどめの3点三塁打。「今年の夏を経験したメンバーがしっかり結果を残すことを目標にしています」と力強く話した。

 6月11日に四つ子を授かった小牧憲継監督は「まだ持っている力の1/3も出せていない。気持ちが空回りしている」と辛口だったが「去年の(今秋ドラフト候補の内野手)上野(響平=3年)みたいな役割をしてほしい」と2人に寄せる期待は大きい。その上野も応援に駆けつけ、スタンドから声をからした。届きそうで届かなかった初の甲子園出場は“HT砲”の力で必ずつかむ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース