広島 松山“カンちゃんパワー”で先制タイムリー「逆らわずにコンパクトに」

[ 2019年9月16日 14:35 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2019年9月16日    マツダ )

 広島・松山竜平外野手(33)は、初回2死二塁でカウント1―2から高橋の直球を左前適時打として、先制に成功した。

 「打ったのはストレート。コースに逆らわずにコンパクトに打つことができました」

 今季限りでの現役引退を表明したエルドレッド氏の引退セレモニーが、15日同戦の試合終了後に行われた。式典の最後に“大トリ”として同氏と抱き合うと、継承した背番号55をさすられながら涙を流した。カントリーの愛称から「カンちゃん」と呼ぶ助っ人からの“闘魂注入”に早速応えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース