阪神・近本 プロ野球史上4人目の新人シーズン150安打 長嶋氏の記録まであと3本

[ 2019年9月16日 16:50 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2019年9月16日    東京D )

<巨・神>7回2死、安打を放つ近本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位・近本がシーズン150本目の安打を放った。

 2―1の7回2死走者なし。2番手左腕・田口の2ボール1ストライクからの直球を捉えて一、二塁間を鋭いゴロで破った。6回の第3打席にも安打を記録しており、この試合2本目だ。

 新人のシーズン150安打到達はプロ野球史上4人目で、セ・リーグでは史上2人目。リーグ1位に君臨する長嶋茂雄氏の153本にも、あと3本に迫った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース