法大・朝山リーグ戦初勝利 早大戦連続完封に貢献「しっかり投げ切れた」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

東京六大学野球   法大2―0早大 ( 2019年9月15日    神宮第1 )

法大2番手の朝山(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われ、法大、明大ともに連勝で勝ち点1を挙げた。法大は5投手で完封した1回戦に続き、4投手の完封リレーで早大に快勝。2番手で3回無失点の法大・朝山広憲投手(4年)がリーグ戦初勝利を挙げた。明大は10安打8得点で東大を圧倒した。

 完璧につないだ。連続完封リレーだ。開幕カードに連勝で勝ち点1を奪った法大で、右腕・朝山が4年生の秋にうれしいリーグ戦初勝利を挙げた。

 「今日が初勝利。しっかり投げ切れたのがよかった」。0―0の5回から2番手でマウンドに上がり、3回1安打無失点。左足首を痛めて調整が遅れ、開幕戦の先発を回避してリリーフに回りながら役目を果たした。投手陣の不調で5位に終わった今春から奮起。09年秋以来の早大戦連続完封に、副主将としても「(春から)少しは見返せたかなと思います」と続けた。

 朝山の父・憲重さん(54)はPL学園が桑田、清原のKKコンビが1年生で83年夏の甲子園で優勝したときの主将。スタンドで見届けた父も「4年間で1勝は、と思っていたのでうれしいですね」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース