西武・森、球団捕手初の100打点 おかわり&山川と“100打点トリオ”に

[ 2019年9月16日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―5ロッテ ( 2019年9月15日    メットライフD )

8回1死一、二塁、森が勝ち越しの適時二塁打を放つ   (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 西武・森のバットが逆転勝利を呼び込んだ。2点を追う8回、同点としてなおも1死一、二塁から、一時勝ち越しとなる右翼線二塁打を放った。「内野が前に来ていたので、越せたらいいなと。初球から振っていこうと思った」。

 捕手では12年阿部(巨人)以来5人目で、球団初となる100打点に到達。中村、山川に続いて3人目の大台突破で、球団初の100打点トリオとなった。森は「想像もしてなかったのでうれしい」と笑みを浮かべ、辻監督も「下位からのつなぎもあるし、1、2番の出塁率(の高さ)もある。なるべくしてなったと思う」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月16日のニュース