阪神 自力CSついに消滅…球団通算5000敗

[ 2019年9月10日 22:52 ]

セ・リーグ   阪神4―5ヤクルト ( 2019年9月10日    甲子園 )

<神・ヤ>延長で敗れスタンドのファンにあいさつする矢野監督(前列右二人目)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神は延長10回に決勝点を奪われ自力でクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅した。

 先発・秋山が3回4失点で降板すると、4回からはリリーフをつぎこんで追加点を与えなかったが、10回に6番手のドリスが塩見に中前適時打を浴び力尽きた。

 中日戦に勝利した3位・広島とのゲーム差は4・5に広がり、厳しい状況。球団通算5000敗は痛恨の黒星となってしまった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年9月10日のニュース