巨人・岡本、逆転2ラン&2打席連発3打点大暴れ 5年ぶりVへマジック再点灯も「僕は初体験なので…」

[ 2019年9月10日 21:57 ]

セ・リーグ   巨人4―2DeNA ( 2019年9月10日    横浜 )

<D・巨>ファンの声援に応える岡本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の主砲・岡本が6回の27号逆転2ランに続き、8回には2打席連発となる28号ソロ。チームの4点中3点を叩き出し、優勝マジック「9」再点灯の立役者となった。

 0―1で迎えた6回2死から四球で歩いた3番・丸を一塁に置いて今永が投じた初球のチェンジアップを左中間スタンドへ叩き込んだ岡本は、3―1で迎えた8回にはエスコバーから再び左中間スタンドへ貴重な追加点となる28号ソロ。

 試合後は「ピッチャーの方が頑張ってたんで、良かったです」と落ち着いた表情で一言。1本目については「何とかしようとしてたんで、それがホームランになってくれて良かったです」とし、タイミングもばっちりだったのでは?との問いかけには「ありがとうございます」と控えめな笑顔を見せた。

 2本目については「打てて良かったなと思います」と岡本。「あと2試合も横浜スタジアムでありますし、気を引き締めてまた1戦1戦戦っていきたいなと思っています」とし、マジック再点灯については「減らしていけるように頑張りたいなと思います」とこれまた控えめに語った。

 前回優勝した2014年のドラフト1位で巨人入りした岡本。「僕は初体験なのであまり気にせず、1試合1試合をしっかり頑張りたいなと思います」と自身初の優勝へ最後まで落ち着いた表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月10日のニュース