DeNA先制! ロペスが来日初先発クックから左中間へ叩き込む

[ 2019年9月10日 19:17 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年9月10日    横浜 )

<D・巨>3回2死 ソロ本塁打を放つロペス (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 21年ぶりの優勝を目指して首位・巨人を4ゲーム差で追いかけるDeNAが直接対決3連戦の初戦で3回に先制点を奪った。

 3回、2死走者なしで打席に入った3番・ロペスが来日初先発となった右腕・クックが投じた1ボール2ストライクからの4球目、真ん中高めの直球を左中間スタンドへ。主砲・筒香に並ぶ今季28号でチームに先制点をもたらした。

 ロペスの本塁打は7日の中日戦(ナゴヤD)で初回に柳から放って以来2試合&9打席ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月10日のニュース