巨人、岡本2ランで逆転! 今永から左中間へ叩き込む

[ 2019年9月10日 20:02 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2019年9月10日    横浜 )

<D・巨>6回2死一塁 2ランを放ちハイタッチをかわす岡本 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人が6回、主砲・岡本の27号2ランで逆転に成功した。

 引き分けでも優勝へのマジックが再点灯する2位・DeNAとの直接対決。その3連戦初戦は来日初先発となったクックが3回にロペスに左中間へ28号ソロを被弾して先制を許したが、6回に逆転の時はやって来た。

 亀井が三振、坂本勇が左飛に倒れた2死から3番・丸が四球で歩き、続く4番の岡本が初球のチェンジアップを左中間スタンドへ叩き込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月10日のニュース