Dバックス 平野 順調な回復強調「投げるところでしっかり自分のピッチングを」

[ 2019年9月10日 06:55 ]

平野への期待を語るトーリ・ロブロ監督
Photo By スポニチ

 8日(日本時間9日)に負傷者リスト(IL)から復帰したダイヤモンドバックスの平野が9日(同10日)、ニューヨークでのメッツ戦前にメディア対応した。

 8月17日(同18日)に右肘の炎症でIL入りしたが、「戻ってるから普通だと思っています」と順調な回復を強調。この日も敵地のフィールドで相手を座らせてのキャッチボールなどを行い、「肘は大丈夫なんで上で頑張って投げていくだけ」と語った。

 今季の平野は55戦に登板し、4勝5敗1セーブ、防御率4.89。チームは直近の13試合中11勝でワイルドカード圏内まで1.5ゲーム差につけており、今後は重要な場面での登板も十分に考えられる。「投げるところでしっかり自分のピッチングができるようにしたい」とシーズン残り19戦への意欲を述べていた。(ニューヨーク・杉浦 大介通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月10日のニュース